玄関や廊下(扉)を広くした結果、部屋に割く面積が小さくなった

家を建てた当時、もうすぐ80歳になろうかと言う母とその妹(おば)の意見が非常に強く、私の意見はほとんど無視されてしまった事が失敗の一つ。

また、さらに母が年老いた先、車椅子等の状態になっても通れるようにした方が良いだろうとも考えた事が二つめの失敗。

車椅子が通れるくらいの幅となると扉は全て引き戸になり、それに伴い廊下や玄関が広くなってしまった。

その結果、風呂等を含む部屋に割ける面積が小さくなってしまった。

現在、母はまだ存命しており自身の足で歩けているが、母1人子1人である為、実際母が倒れ車椅子等が必要な状態となれば自宅に一人で置いておく事は出来ず、施設入所となるしかないと思われる。

先のことを考えるのは大事だが後から改修する事だって出来るため、現在の生活スタイルを優先し、そこまで考える必要はなかったと思う。

また母とおばの意見だが、最初はきちんと説得しようと頑張っていたのだが途中で疲れてしまい「好きなようにしろ」と放り投げてしまった。

年齢を考えれば母達が先に亡くなり、私がこの家で生活する時間の方が長くなるため、もう少し頑張って自身の意見を反映させるべきだったと本当に後悔している。

大きな買い物なのだから納得するまで意見は戦わせた方が良かったと学んだ。

参考にしたサイト>>>>>船橋市 新築一戸建て