四人家族で75m2のマンションを購入しました。四人では狭くて困りました

私共の家庭は四人家族であり、75m2の3LDKのマンションを購入すれば、心地よい生活ができると考えていました。

しかし引越しの際に、思い入れのある単行本、絵本、洋服、食器、備品等などが捨てられず、且つお客さん用の布団や毛布や枕も常備していたので、押入れとクローゼットが一杯になってしまいました。

そして押入れとクローゼットが一杯になっても物が溢れてしまい、そのために、それらを片付けるめの家具を買わなければならなくなりました。

しかし、その家具を買ったことにより、ますます部屋が狭くなり、一つの部屋が物置になってしまいました。

マンションを買った当初は、いろいろな物は、各部屋にある押入れと、クローゼットにしまえば、二人の子供には一人ずつお部屋を与え、そして夫婦二人で広めのお部屋を使用すればいいと考えていたのですが、その構想が見事に崩れてしまいました。

物を大事にし過ぎて捨てられないことが、大きな失敗でした。

そもそもマンションを購入する際に、捨てられない物、捨てていい物を正確に把握し、そしてそれに見合ったマンションの構造とm2数、そして押入れ、クローゼットの広さを明確にしておくべきだったと、とても反省しました。

購入はこちら⇒名古屋市中川区 注文住宅